京都での転職の面接に多い服装

京都は大阪までは行きませんが一般的には都会と言われている街です。

色んな若者がおり、礼儀正しい人もいれば礼儀がなっていない若者のいます。

そんな土地で転職活動をする時に面接を受ける服装はスーツが基本です。

しかし、常識が無い人もいるので破れたジーンズを履いて面接を受ける人もいます。

当然その様な人は面接を途中で中止して帰宅を命じられる事になります。

基本的にはスーツが正しいですが、この土地は夏は非常に暑くて冬は非常に寒いです。

つまり転職活動において、夏物のスーツであったとしてもスーツで転職活動をするのは非常に大変です。

しかし、面接を受ける人としてはしっかりとした格好で面接に行かなければならないという思いから、しっかりとスーツを着て暑い格好で行く事になります。

しかし、この土地の会社はそういった事情を知っているのでクールビズに近い格好をしていったとしても、悪い評価を下される事は少ないです。

逆にふさわしくない暑苦しい格好をしていると判断されます。